循環器内科 | 富田林市の循環器内科 とねクリニック | 金剛駅 高血圧 不整脈 狭心症 心筋梗塞

循環器内科

当院の循環器内科について

循環器

日本循環器学会認定循環器専門医として長年、大阪府立成人病センターや済生会富田林病院をはじめとする基幹病院にて多くの心臓病の患者さまを診察してきた経験をもとに、虚血性心疾患、不整脈、弁膜症、心筋症、心不全などを中心とした循環器疾患の診断と治療を行います。

治療を行う上で大切なことは、患者さまにもご自身のご病気についてよく知って理解していただくことです。 問診と検査(胸部レントゲン、心電図、心臓エコー、24時間ホルター心電図、血液検査など)を行った後は、患者さまに出来るだけ病状について分かりやすくご説明し、納得して頂いた上で、 診断・治療を進めていくように取り組んでまいります。

また、心臓病への予防観点から循環器疾患になっていなくても、生活習慣病など循環器疾患へのリスクが高い患者さまの定期管理に努め、しっかり予防を行ってまいります。
診察の結果、さらに病院での精密検査や治療が望ましいと考えられる際は、適切な医療機関へ紹介を迅速に行います。

心臓・血管の病気を診る診療科です

循環器内科とは、主に心臓や血管、血圧に関わる病気を診る診療科です。 心臓の病気で多い症状としては、「胸が痛い」「胸が苦しくなる」「動悸がする」「脈が乱れる」「足がむくむ」などがあります。 気になる症状がある方、病院での入院治療後に継続的な外来通院治療が必要な方、健診などで心臓の異常を指摘された方はご相談ください。

循環器内科で扱う主な疾患

  • 高血圧
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 弁膜疾患(大動脈弁・僧帽弁の狭窄症や閉鎖不全(=逆流)症)
  • 不整脈
  • 心不全
  • 心筋疾患(肥大型心筋症、拡張型心筋症)
  • 閉塞性動脈硬化症 など

下記のような症状の時は循環器内科にご相談ください

  • 血圧が高い
  • 強い胸痛を覚える
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行や運動時に胸が苦しくなり、休むと軽くなる
  • 動悸がする(脈拍が速くなる、拍動を強く感じる)
  • 脈が乱れる・飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になった時)
  • 前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(気を失った)
  • 健診などの心電図や胸部レントゲン検査で異常を指摘された など

循環器内科で診療する代表的疾患

高血圧
循環器

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
高血圧は日本人にはとても多い病気で、40~74歳の人のうち男性は約6割、女性は約4割が高血圧と言われます。

高血圧は放っておくと、その高い圧力によって血管壁にストレスがかかり、動脈硬化が生じて狭心症や心筋梗塞、心不全といった心臓血管系の病気を招いたり、または脳出血、脳梗塞の原因になったりします。

動脈硬化症

動脈硬化症とは、「動脈が硬くなる」ことです。
動脈が硬くなると、血管のしなやかさが失われるために血のめぐりが悪くなり、心臓に負担がかかってしまいます。

また、血管の内側がもろくなって粥腫(血栓や、コレステロールなど脂質成分を取り込んだマクロファージという細胞、線維成分など余計な物質が沈着したもの)ができ、血管の中が狭くなったり、詰まったり、また粥腫がはがれて血管の中を流れていき、やがて流れ着いた細い血管を詰まらせたりします。血管の内側が狭くなると、必要な酸素や栄養が全身に行き渡らず、さまざまな臓器や組織に影響を及し生命を脅かす疾患を招く場合もあるため、定期的な検診と治療で動脈硬化の進行を抑え、合併症を予防することが大切です。

動脈硬化が招く怖い疾患

動脈硬化症が進行すると高血圧を招き、心臓にも大きな負担がかかってくるため、心肥大・心不全などの心疾患につながります。 また、血管が狭くなったり詰まったりすることで、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などを招きます。 硬くもろくなった血管が破れると、脳出血などを引き起こすこともあります。

不整脈

私達の心臓はほぼ一定の間隔で規則正しく拍動していますが、この規則性が乱れた状態を不整脈と呼んでいます。脈が速くなったり、遅くなったり、瞬間的に乱れたりします。動悸、息切れ、めまい、吐き気、胸が苦しいなどの症状がでます。

不整脈が発生する主な原因は、冠動脈疾患(=狭心症や心筋梗塞)、心臓弁膜症、心不全、先天性心疾患などで、多くが心臓に起因する疾患です。 甲状腺ホルモン異常や肺に病気がある人も、不整脈になりやすい傾向があります。

ただ、不整脈は常に自覚症状があるわけではなく、本人がそれとは気づかないケースが少なくありません。
不整脈のほとんどは、実はあまり心配の無い、一時的なものが多いのですが、なかには注意を要し適切な治療が必要となる怖いタイプもありますので、専門医による適切な診断と治療が必要です。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

心筋(心臓の筋肉)に酸素や栄養分すなわち血液を供給する血管である冠動脈が、狭くなったり詰まったりすることで起きる心臓病を総称して虚血性心疾患と呼んでいます。

狭心症の場合は、胸の圧迫感や痛みなど一時的な発作ですむことが多く、安静にしていれば痛みはひいていきますが、進行して心筋梗塞を起こすと失神するような激しい痛みに襲われ、最悪の場合には心臓の拍動停止・突然死を招いてしまうことがあります。
心筋梗塞の原因は、動脈硬化が進行することや血管内のプラーク(前述の粥腫)と呼ばれる部分が破たんして急激に血栓ができてふさがってしまうことにあります。

狭心症や心筋梗塞を予防するには、まずは、動脈硬化の原因となる高血圧や糖尿病、高脂血症などにならないようにすることが大切です。
肥満や睡眠不足、過労、過度のストレスを避け、適度な運動と十分な睡眠を心がけるなど生活習慣を改善し、血管に負担をかけないようにしましょう。

心不全

心不全とは、心臓のポンプ機能の低下によって心臓が十分な量の血液を送り出せなくなり、その結果として身体に様々な症状が出る状態を言います。

一般的に、心不全は病気の名前だと思われがちですが、実際には心臓の機能が低下した状態のことを「心不全」といいます。
心不全がおこると、全身の血液のめぐりが悪くなるために腎臓で尿が作られにくくなります。また、左心室の障害による左心不全になると、肺循環系にうっ血をきたします。その結果、息切れやむくみ、体重増加などの症状が現れることもあります。

心不全の原因は、主に高血圧と動脈硬化に由来していますので、これらをまとめて予防するために生活習慣を改善することが大切です。
心不全は現在、欧米ではトップの頻度の疾患です。生活習慣の欧米化や高齢化が進む日本でも、今後より一層増えていく病気の1つで注意が必要です。

心臓弁膜症

心臓には4つの部屋があり、各部屋の出口には弁がついており、心臓の収縮、拡張に合わせて開いたり閉じたりしています。この弁が硬く開きが悪くなったり、とじ合わせが悪くなったり破れたりして、本来の弁機能の役割を果たせなくなる状態が心臓弁膜症です。弁がうまく開かず血液がうまく流れなくなる狭窄と、弁の閉じ方が不十分で血液が逆流する閉鎖不全があります。

以前は、リウマチ熱による弁の炎症が原因となることがほとんどでしたが、最近は動脈硬化による弁の変性・石灰化による場合が多いです。
弁膜症と診断されても、軽症であれば経過観察となり、定期的に検査を受けるだけで、とくに症状がなければ薬物治療の必要もありませんが、弁膜症がある程度進行して症状があるときなどは、お薬で症状の緩和、進行を抑制することで心臓の負担を取り除きます。
ただし、弁膜症自体はお薬では治りませんので、病状が進行した場合には心臓手術が必要となります。

ページの先頭へ